「バカラってどんなゲームなの?」

「一度、カジノでバカラをプレイしてみたい!」

「バカラで勝つための方法ってあるの?」

こんにちは、カジノアカデミア編集部です。

この記事では「カジノの王様」とも呼ばれるバカラについて解説していきます。

カジノのなかでナンバーワンの人気を誇り、ハイローラー(高額な賭け金をプレイする人たちのこと)を虜にするバカラの最大の特徴はシンプルさにあります。賭け方の種類、勝敗のつきかたのバリエーションが限定されているので、すぐにルールを覚えることができます。

バカラはわかりやすいゲームですが、ただ単純なだけのゲームがここまで人気を博することはありません。

この記事ではバカラの基本ルールをわかりやすく解説したうえで、バカラの攻略法、そしてもっと楽しむためのポイントを紹介します。カジノで大人気のバカラを思い切り楽しめるようになる内容になっているので、ぜひ参考にしてください。

時間がない人向け!図解でわかるバカラの基本ルール

オンラインカジノなら自宅でバカラを楽しめる!

オンラインカジノとは、主に海外にサーバーが置かれ、運営されているインターネットを通じて遊ぶことができるカジノのことを指します。

日本のアミューズメントカジノは賭けることはできませんが、オンラインカジノであればリアルマネーを賭けることもできますし、時間当たりのプレイ数も増やすことができます。

そのため本場のカジノに行く前の練習としても利用することができ、本場のカジノでは不可能な少額でのベットもできるので、カジュアルにバカラを楽しみたい方はまずはオンラインカジノでプレイすることをおすすめします。

オンラインカジノでバカラをプレイするならベラジョンカジノがおすすめ

オンラインカジノと一口にいっても、たくさんのサービスがリリースされているので、どこに登録すればいいかわからない方もいらっしゃるでしょう。

あえて一つに絞って紹介すると、やっぱり日本国内で人気No.1の「ベラジョンカジノ」をおすすめします。

ベラジョンカジノの特徴は次の通りです。

  • オンラインカジノのなかで日本での人気No1
  • カジノライセンスを取得しているため、信頼性が高い
  • バカラは0.2ドル~と少額でのプレイが可能

ベラジョンカジノには、バカラはもちろん、ルーレット、スロット、ブラックジャックなどたくさんのゲームが用意されています。カジノゲームに興味がある方は、まずは登録しておくとよいでしょう。

ベラジョンカジノについてのレビュー記事はこちらです。

ベラジョンカジノが選ばれている4つの理由!オンラインカジノのプロがどこよりも分かりやすく解説

「ベラジョンカジノはぶっちゃけ安全なの?正直な評価が知りたい!」 「ボーナスがもらえるって聞いたけど上手く使う方法を教えて欲しい!」 「ベラジョンカジノでできるゲームはどんなものがあるの?」 こんにち ...

いきなり海外のカジノに出かけてバカラをプレイするのはやや敷居が高いので、オンラインカジノで事前に慣れておくと本場でもスムーズに遊ぶことができますよ。

今すぐ無料プレイ!

すぐわかる!バカラの基本ルールとゲームの流れ

バカラってどんなゲームなんですか?
一言でいうと「プレイヤー側とバンカー側、どちらが勝つかあてるゲーム」になるね。それ以外の選択肢もないから、日本でいうと「丁半博打」に近いかもしれないね。
ブラックジャックとは違うんですね。
ブラックジャックはいろいろな戦略を選べるぶん自由度が高いけど、基本的にはバカラは「プレイヤーかバンカーのどちらかに勝つか」賭けるだけ。とても単純なゲームなんだよ。

バカラは非常にシンプルなゲームです。

勝敗の決まり方もカードの合計値が「9」に近いほうが勝ちという単純さです。

ひとつだけ複雑なのが、バンカー側が3枚目のカードを引く条件です。バカラのゲーム進行はディーラーが行うので覚えなくても支障はありませんが、知っておいたほうが楽しみも増えるので完全解説していきます。

バカラにおけるカードの数え方と勝敗の決まり方

バカラにおいて最強の数字は「9」となります。バンカーとプレイヤーで、9に近い数字を出したほうが勝ちになります。

なおバカラにおけるカードのカウント方法は次の通りです。

  • A……1
  • 2~9……そのままの数字
  • 10,J,Q,K……0

バカラは、プレイヤー、バンカーそれぞれ最初に2枚のカードが配られます。その2枚の数字を足した下一桁の数字で勝敗が決まります。具体例をみていきましょう。

  • A,K……1
  • 8,9……7(合計した値の下一桁の数値のみ有効になるため)

以上が、バカラのカードのカウント方法となります。

それでは、次にバカラの賭け方について解説していきます。

バカラの賭け方と払い戻し額

すでに簡単に触れた通り、バカラではまず「プレイヤー」か「バンカー」どちらが勝つかベットすることになります。バカラでは、賭けに当たった場合、次のように払い戻しされます。

  • プレイヤーにベットした場合……プレイヤーが勝てば賭け金の2倍が支払われる(バンカーが勝てば賭け金は没収される)
  • バンカーにベットした場合……バンカーが勝てば賭け金の1.95倍が支払われる(プレイヤーが勝てば賭け金は没収される)

なお、バンカーとプレイヤーの数字が同じだった場合は「引き分け」となり、そのまま賭け金が戻されることになります。

また特殊な賭け方として「バンカー」「プレイヤー」が引き分け(タイ)になることに賭けることもできます。運良く、予想通りに引き分けになれば、9倍の払い戻しが受けられます。

ただ後ほど詳しく解説するように、引き分けに賭けるのは損です。バンカーかプレイヤーのどちらかに賭けるようにしましょう。

バカラのゲームの進行方法

それでは、バカラのゲームの実際の進行について見ていきましょう。全体の流れは次のようになります。

  1. プレイヤー、バンカー、引き分けのいずれかに賭ける
  2. プレイヤー、バンカーにそれぞれ2枚ずつカードを配られる
  3. (2枚の出目によって)プレイヤー、バンカーが3枚目を引くか決まるので、ルールに沿って3枚目を引く
  4. プレイヤー、バンカーの勝ちが決まる

バカラで唯一複雑なのは、上の「3」の部分です。プレイヤー、ディーラーの最初の2枚の数字次第で、3枚目を引くかどうか変わるのです。

ディーラーがルールに即してゲームを進行させるので、必ずしも覚える必要はありませんが、知っておくことでさらにバカラが楽しめるので、簡単に解説しておきます。

まず最初の2枚だけで勝敗が決まる条件について解説します。

最初の2枚だけで勝負が決まる場合

  • プレイヤー、バンカーいずれかの数字が「8」か「9」であること
  • プレイヤー、バンカーともに「6」か「7」であること

最初の2枚のカードで「8」か「9」と強いカードをつくることを「ナチュラル」と呼びます(8であれば「ナチュラル8」、9であれば「ナチュラル9」)。プレイヤーかバンカーどちらか一方が最初の2枚で「8」か「9」をつくった場合、その時点で3枚目は引かれることなく、勝敗は決定します(プレイヤー、バンカーともにナチュラルを作った場合も、その時点で勝敗が決まります)。

またカードが2枚配られた時点でプレイヤー、バンカー両方が「6」か「7」であった場合も、そこで勝敗が決まります。

プレイヤーに3枚目が配られるのは、上記の条件にあてはまらない場合で、かつプレイヤーの数字が5以下のときです。そしてプレイヤーに配られた3枚目の数字によって、バンカーが3枚目を引くかどうかが決まります。

バンカー側に3枚目が配られる場合は〇マーク、配られない場合は×マークで示しています。

バカラって、シンプルなゲームって言ってませんでしたっけ? けっこう複雑に見えるんですけど……
バカラを遊ぶのに、この表を覚える必要はないよ。プレイヤー、バンカーに3枚目のカードを配るかどうかは上のようにルール化されていて、ディーラーはそのルールに則って、機械的にゲームを進行させてくれるんだ。
でも3枚目が配られるかどうかで、逆転できる可能性があるかないかわかるんだから、理解はしておきたいです。
では、簡単に具体例をいくつか挙げて確認してみよう。

プレイヤー:6,7(数値は6+7=13で、カウントは「3」)

バンカー:A,Q(1+0でカウントは「1」)

この場合、プレイヤーの数値は3で、5以下なので、3枚目を引くことになるんでしょうか?
その通り。3枚目で「4」が出たとしよう。

プレイヤー:6,7,4(6+7+4=17で、カウントは「7」)

バンカー:A,Q(1+0でカウントは「1」)

バンカーのカウントは1で、プレイヤー側の3枚目のカードは4なので、上の表に従うとバンカー側には3枚目のカードが配られることになります。いまの1に加えて、3枚目のカードを引いた結果で勝敗が決定します。

念のため、もう一つ具体例を挙げてみましょう。

プレイヤー:A,3(1+3=4で、カウントは「4」)

バンカー:2,4(2+4=6で、カウントは「6」)

プレイヤーのカウントは5以下なので、3枚目のカードが配られます。

プレイヤー:A,3,J(1+3+0=4で、カウントは「4」)

バンカー:2,4(2+4=6で、カウントは「6」)

バンカーのハンドは6で、プレイヤー側の3枚目のカードが4であるため上の表のようにバンカーには3枚目のカードが配られません。この時点でプレイヤーが「4」、バンカーが「6」となり、バンカーの勝利が決定します。

完全に理解したわけではないかもしれませんが、ゲームの流れはわかりました。問題なくプレイできそうです!
バカラのゲームに習熟するには慣れの要素も大きいよ。何度も繰り返しプレイしているうちに、バンカーに3枚目のカードが配られるのかどうか感覚的にわかるようになってくるんだ。
でも日本では、なかなかバカラをプレイする機会って少ないですよね。そもそもお金を賭けるのは違法ですし。
本場のカジノに行くのも大変だよね。日本で気軽にバカラを楽しみたいなら、アミューズメントカジノかオンラインカジノの2択になるよ。

さて、次からはバカラでより勝率を上げるための攻略ポイントを解説していきます。

バカラを攻略するために知っておきたいプレイのポイント

バカラの賭け方にコツやポイントはあるんですか?
良い質問だね。ブラックジャックとは違って、バカラには「必勝法」はないんだけど、それでも負けにくくなる賭け方はあるんだ。ここでは賭け方のポイントと、知っておくとより楽しいバカラの予想方法についてレクチャーしていくよ。

バカラをプレイする上で、勝率を少しでも高めるために知っておきたい基本プレイは、次の3つです。

  • タイ(引き分け)には賭けない
  • 迷ったらバンカーに賭ける
  • 罫線(大路)で勝敗を予測する

それぞれの項目について補足していきます。

タイ(引き分け)に賭けない

これが一番重要なポイントです。すでに軽く触れておきましたが、タイに賭けることは長期的に損失を膨らませる間違った賭け方です。

配当が9倍と大きいのでときどき賭けたくなる気持ちはわかりますが、そもそもバカラにおいてタイになるのは10%もありません。そのため9倍の配当でもまったく見合わないのです。

タイに賭けるのはまったくおすすめしませんが「どうしても賭けたい」という方は「100ゲームに1度程度にする」「1時間に1回しかタイには賭けない」など、制限をつけるようにしましょう。

迷ったらバンカーに賭ける

賭け方の次のポイントは「迷った場合はバンカーに賭ける」というものです。

基本ルールのところでも解説しましたが、「プレイヤー」「バンカー」で当たったときの払い戻し額は次の通りです。

  • プレイヤー……賭け額の2倍
  • バンカー……賭け額の1.95倍

これを見るとプレイヤーに賭けるほうが有利だと思われるかもしれません。ただ実際は、バカラではバンカーのほうが勝ちやすくなっており、払い戻し額を考慮に入れても、わずかながらバンカーが有利になります。

そのため、プレイヤーかバンカーのどちらに賭けるか迷った場合は、バンカーに賭けるようにしましょう。

「タイに賭けるのはダメ」「迷ったらバンカー」っていうことは、バカラの攻略法ってバンカーに賭けつづけることなんじゃないですか?
よくわかったね! 実はバンカーに賭けつづけることが、長期的に見ていちばん損失が少ない(=負けない)賭け方なんだよ。
でも、ひたすらバンカーに賭けつづけるのっておもしろくないですね……
そうだね。それにバンカーに賭けるほうがプレイヤーよりも有利といってもごくごくわずかで、ほとんど変わらない。それなら自分で予想した方に賭けて楽しむほうがバカラの醍醐味を味わえるよ。

それでは最後に、予想の仕方について解説していきます。

罫線(大路)で勝敗を予測する

本場のカジノでもオンラインカジノでも、バカラでは「プレイヤーが勝ったのかバンカーが勝ったのか」記録して、見られるようにしています。その記録をまとめたものを「大路」と呼びます。

もちろん次にプレイヤーが勝つかバンカーが勝つかは、過去の結果に影響しないので、これを見ることで勝率が上がるわけではありません。ただ、大路を見ることで次の勝敗を予想することはおもしろいことです。

大路とは、具体的には次のような表になっています。

アメリカでは赤色で「バンカー」、青色で「プレイヤー」を指すことが一般的になっています。勝敗は左の列から記録されていき、バンカーならバンカーが連勝をつづけることで下の行に〇を重ねていきます。

そこからプレイヤー側が勝てば一つ右の列に移動して、同様に勝敗を記録していきます。

つまり上の大路から読み解けることは「バンカーが3連勝⇒プレイヤーが2連勝⇒バンカーが3連勝⇒プレイヤーが5連勝⇒バンカーが1勝……」といった過去の戦績データとなります。

ここから次の勝敗を予想する方法としては、規則を見出して賭ける(たとえば「2連勝⇒1勝」のパターンが続いているときに、そのパターンに乗った賭け方をするなど)、最高連勝記録が伸びているときは、勢いのある連勝している側に賭けつづけるといったものがあります。

大路を使った予想方法は他にもいろいろありますが、自分なりの予想方法を作り出すとより一層バカラを楽しむことができます。

バカラをもっと楽しむための演出法「しぼり」※リアルカジノ限定

最後にバカラをもっと楽しむための演出方法を紹介するよ。
演出方法って何ですか?
簡単にいうと、数字を一気にめくらないで部分的にめくることで、少しずつ数字を限定させていくことだよ。スロットでいう確定演出のようなもので、これがあるからバカラは盛り上がるんだ。

オンラインカジノではできませんが、本場のカジノでは「バンカー」「プレイヤー」それぞれに最高額を賭けた人に2枚目、そして3枚目のカードをめくる権利を与えるところがあります。

ゲンを担ぐという意味で、直近で勝っている人にめくる権利を譲る場合もありますが、このときカードをめくる人は「しぼり」を意識してカードをめくっていくと、バカラはもっとエキサイティングになります。

カードをしぼることで、いま有利なのか不利なのか少しずつ判明するので、知っているかいないかで楽しみが大きく異なります。

初心者の方には、まずは「縦のしぼり」を行ってから、次に「横のしぼり」で数字を確定することをおすすめします。順に解説していきます。

縦のしぼり

カードの短辺を両端をおさえながら少しずつめくっていきます。両端の数字は見えないようにしましょう。J~Kの絵柄を除くと、次の3パターンになります。

まだ裏側になっている部分はグレーで示しています。縦に少しずつめくっていくと出てくるマークを「足」と呼びます。これだけで数字がある程度限定されます。

  • 足が見えない(0個)……Aで確定
  • 足が1つ……2か3
  • 足が2つ……4~10のどれか

絵柄とAの場合はすぐに数字は確定します。足が1つの場合は、2か3のいずれかなので、そのまま縦に一気にめくるようにしましょう。

横のしぼり

縦のしぼりで足が2つだった場合は、4~10のいずれかなので、ここで横のしぼりに移りましょう。

縦のしぼりでマークが2つ見えた場合は、今度はカードの長辺をめくることで少しずつカードを限定することができます。

  • マークが2つ……4か5
  • マークが3つ……6、7、8のいずれか
  • マークが4つ……9、10

縦のしぼりでも横のしぼりでも、両端を手の指で隠さないと数字が見えてしまってしぼる意味がないので、そこは注意点です。しぼりは慣れると簡単にできますし「いつ勝ちが確定するのか」ドキドキしながらプレイできるようになります。

自分も周りのプレイヤーたちも盛り上がるので、ぜひ身に着けてください。

まとめ

この記事では「カジノ王様」バカラについて解説してきました。

基本的なルールから、バカラを楽しむコツまでしっかり理解できました!

バカラは「プレイヤー」か「バンカー」どちらが勝つかを賭けるだけのシンプルなゲームです。タイに賭けることは禁じ手ではありますが、それ以外の賭け方であれば、純粋に運に左右されるゲームといってよいでしょう。

ただバカラが運ゲームであるのは承知していても、大路を利用して次の勝敗を予想して当たったときの喜びや、カードをしぼっていく興奮はバカラ特有の魅力として残ります。

バカラの楽しみ方は無限にありますので、ぜひルールを覚えてプレイしてみてください。