「MuchBetterという決済アプリの使い勝手が知りたい!」

「MuchBetterの登録方法が知りたい」

「日本からMuchBetterにきちんと入金できるか不安がある…」

こんにちは、カジノアカデミー編集部です。

この記事では、最近オンラインカジノの決済アプリとして勢力を拡大している”MuchBetter”について解説していきます。

最近さまざまなオンラインカジノに決済アプリとして導入されているだけあって、MuchBetterはとても使い勝手が良く、日本からの入金もスムーズなおすすめアプリです。

さらに本文でも詳しく触れますが、ユーザー同士の送金もストレスなく行うことができます。オンラインカジノで遊びたいという方は、まず口座を開設しておきたいアプリの一つだといってよいでしょう。

ただ海外の決済アプリを使ったことのない人にとっては、登録するのにハードルを感じるかもしれません。そこでMuchBetterの登録から入金・出金までの図解を多く取り入れながら解説します。

この記事を読めば、問題なくMuchBetterを使えるようになるので、ぜひ参考にしてください。

5分で完了!MuchBetterのスピーディーな登録方法

出典:MuchBetter公式サイト

MuchBetterってどんな決済アプリなんですか?
スマートフォンで一元管理するのが特徴だね。基本的にパソコンからの操作はできないけれど、スマートフォンからの操作性に優れているので、とても使いやすいと評判なんだよ。

ここでは、まずMuchBetterの登録方法を解説していきます。MuchBetterはスマートフォンを使用する前提の決済アプリなので、登録の手続きの前に必ずアプリをインストールしておきましょう

インストールが済んだら、次の4ステップで登録を完了させることができます。

  1. 携帯電話でサインアップを行う
  2. パスコードを設定する
  3. 認証コードを入力する
  4. 個人情報を入力する

ここからは上の手順に沿って、図解つきで解説していきます。

手順1:携帯電話でサインアップを行う

アプリをインストールしたら、まずはアプリを立ち上げてみましょう。

このような画面が立ち上がります。自然に進めていくと、サインアップ(携帯電話番号の入力)を求められる画面に到達します。

インストールしたスマートフォンの電話番号を入力すれば、サインアップは完了です。

日本の携帯電話番号の場合は、最初の「0」は入力不要です。「090-1234-5678」という電話番号の場合は、上の画像のように入力します。

あとは「サインアップ」のボタンをタップすれば完了です。

手順2:パスコードを設定する

サインアップのボタンをタップすると、次にパスコードの設定画面に移行します。「パスコード」というのは、4桁の数字のパスワードのことだと考えていただければ結構です。

覚えやすく、また推測されにくい4桁の数字を選んで入力するようにしてください。4桁の数字を入力すると、次の確認画面に移動します。

先ほど入力した4桁の数字を再度入力すれば、パスコードの設定は完了です。登録後、MuchBetterにログインするときにこのパスコードが必要になるので、忘れないように気をつけてください。

またパスコード設定を完了時点で「バイオメトリクス認証」の登録もできるようになっています。お使いのスマートフォンが指紋認証に対応していれば、MuchBetterでもパスコード入力の代わりに指紋認証でログインすることができるようになります。

パスコードの保護、またログインに手間がかからないので、バイオメトリクス認証はなるべく登録しておくようにしておくことをおすすめします

手順3:認証コードを入力する

パスコードの設定が終わると、認証コードの入力が求められる画面に移行します。

手順1で登録した自分の携帯電話に、MuchBetterから6桁の認証コードがSMSで送られてきているはずです。その認証コードをそのまま入力すれば、認証は完了です。

ここまでで、いったん登録作業は完了となります。

ただ、MuchBetterに入金するためには個人情報の登録が必要となります。手順3までで終えてしまうと、実質的にMuchBetterを有効に使えないので、そのまま個人情報登録まで進めることをおすすめします。

手順4:氏名と生年月日を入力

それでは、個人情報の登録に進めていきましょう。手順3を完了させると、課金するための「お客様情報」の入力を促す画面に移行します。

上の画面の「お客様情報を完了させる」にチェックを入れて、「続ける」をタップすると個人情報入力の画面に移行することができます。

ここで入力する個人情報は、次の4つです。

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • メールアドレス

MuchBetterは日本語対応もしているので、氏名や住所は日本語(漢字)で入力すれば問題ありません。

念のための注意ですが、ここで入力する個人情報には誤りがないよう気をつけてください。出金の手続きのためには別途、本人確認書類の提出が必要になりますが、ここでの入力内容が確認書類と照合されることになります。

記載に間違いがあれば、出金手続きをスムーズに進めることができない可能性があります

メールアドレス登録まで完了すれば、入金することができるようになります。できるだけわかりやすく説明したので、少し長くなりましたが、登録手続き自体は驚くほど簡単です。5分ちょっとで開設することができるので、これまでの説明を参考に登録手続きを進めてください。

次に具体的にMuchBetterの入金方法を紹介していきます。

MuchBetterの3つの入金方法を完全解説

オンラインカジノで使える決済アプリはものによっては入金しにくいって聞きますが、MuchBetterは大丈夫なんですか?
MuchBetterの入金方法はぜんぶで3種類ある。基本的に入金は即時反映されるし、数ある決済アプリのなかでもかなり使いやすい部類に入ると思うよ。

MuchBetterには、3種類の入金方法が用意されています。

入金方法 手数料
クレジットカード 0%
仮想通貨 2%
Astropay card 6%

手数料と利便性を考慮に入れると、MuchBetterへの入金はクレジットカードを使うのがいちばんおすすめです。

さっそく、入金方法それぞれについて補足解説をしていきたいと思います。

入金方法1:手数料0が魅力!クレジットカード入金

まずはクレジットカード入金について見ていきましょう。はっきりいって、MuchBetterの入金方法はクレジットカード一択だと考えてもいいほどです。他の決済サービスの場合は入金手数料を取られることが一般的ですが、MuchBetterではクレジットカード入金の手数料はゼロです。

手数料は入金を重ねるとかなりのコストになってきます。MuchBetterに入金を行う場合は、まずクレジットカードから検討することを強くおすすめします。

1章で解説した登録手続きが完了して、ログインすると上のような画面が最初に提示されます。入金するためには、上の画面の「課金」のところをタップします。

次に、いくら入金するのか指定します。

デフォルトで「10ドル」「50ドル」「100ドル」の入金金額が用意されており、そこをタップすれば入金金額を選ぶことができます。ただ、課金額部分に直接入力することもできるので、入金金額を細かく指定することもできます。

入金金額を決めると、入金方法を決める画面になります。

クレジットカードのJCBで入金したい場合はいちばん上を、VISAやMasterCardの場合は上から2番目をタップすることで、カード情報の入力画面に移行します(仮想通貨の場合は「Crypto」、Astropay cardはいちばん下の項目をタップします)。

カード情報を入力していきます。

上の画面の例では、カードナンバー、カードの使用期限、CVV、カードの名前(ローマ数字で入力)は必須事項ですが、それ以外の項目は入力は必須ではありません。

特に問題がなければ、すぐに入金金額が反映されます。

クレジットカード入金の注意事項

クレジットカード入金の注意事項として挙げられるのは、日本で発行されているすべてのクレジットカードから入金できることが保証されているわけではないということです。

筆者が使っているJCB発行のカードではあっさりと入金することができましたが、別のMasterCardでは用途を「ゲーミング」か「ゲーミング以外」が訊かれ、「ゲーミング」を選択すると入金できない場合もありました。

「ゲーミング以外」の用途で設定すると、そのお金は送金やショッピングには使えることができても、オンラインカジノで使うことができません(ただし後述する裏技を使えば「ゲーミング以外」の用途で入金しつつ、後から「ゲーミング」用資金に振り返ることができます)。

現在のところ、JCB決済の場合は問題なくゲーミング用途として入金できますが、今後変わっていく可能性もあるので注意が必要です。

仮想通貨での入金

すでに触れているようにMuchBetterで入金はクレジットカードが断然おすすめですが、仮想通貨を持っている人、あるいは手持ちのクレジットカードでは入金できない人は、仮想通貨での入金も検討に値します。

MuchBetterの入金に使える仮想通貨は、次の4種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)

どれもメジャーな仮想通貨です。クレジットカード入金で説明したように、入金金額を指定した後、入金方法で仮想通貨を選ぶと、どの仮想通貨で決済するか選択する画面に移行します。

ここから4種類の仮想通貨から決済手段を選ぶことができます。これも決済に使いたい仮想通貨をタップすれば、すぐに決済画面に移行することができます。ここではビットコイン(BTC)を選択してみましょう。

入金金額から、現在価格でのビットコインでの入金単位と送金アドレスが提示されています。仮想通貨の場合は、出金アドレスと出金金額が明確であれば、問題なく入金することができます。

ただし、仮想通貨は価値変動が激しいため、10分間以内に送金手続きをする必要があります。また2%の手数料も取られるので、クレジットカード入金ができるようなら、MuchBetterでわざわざ仮想通貨で入金する必要はないでしょう。

手数料が割高なのでおすすめできない!Astropay cardでの入金

最後に紹介するのは、Astropay cardでの入金です。Astropay cardとは、MuchBetterと同じように決済アプリとして人気を博しているバーチャルクレジットカードです。

仮想的にクレジットカード「Astropay card」をつくり、そこに入金することで決済することができます。ただAstropayは単体で見れば使いやすいサービスではありますが、手数料が割高なのでMuchBetterに入金する手段としては決しておすすめできません

すでにAstropay cardを使っている方であれば検討の余地はありますが、MuchBetterに入金するためにAstropay cardをつくる手間をかける必要はありません。

Astropay cardも他の入金手段と同じく、非常に簡単です。

Astropay cardを作ったうえで、上のキャプチャ画像にある通り、カードナンバー、CVV、カードの利用期限を入力して進めば、問題なく入金することができます。

ここまで、MuchBetterの3通りの入金方法について解説してきました。入金を完了したら、次はどのようにMuchBetterを使ってオンラインカジノに入金していくか気になる方もいらっしゃると思います。

そこで実際にMuchBetteを使って、オンラインカジノに入金する方法を見ていきましょう。

実際にMuchBetterからオンラインカジノへ入金してみよう

MuchBetterからオンラインカジノへの入金ってスムーズなんですか?
他の決済アプリに比べても、とても使いやすいよ!実際にPokerStarsを例に、MuchBetterから入金する様子を見てみよう。

ここでは世界一のオンラインポーカーサイトであり、最近ではスロットやバカラにも力を入れているPokerStarsを例にして、入金方法を見ていきます。ほとんどのオンラインカジノでもほぼ同様の手続きで入金できるので、ぜひ参考にしてください。

まず、PokerStarsの入金画面にいきます。

入金手段としてMuchBetterを選択いて、入金額を選びます。ここでは「20ドル」を入金することにします。

金額を設定したら「Deposit」をクリックします。

あとは電話番号を入力して、進むだけです。最初に「81」がつくこと、電話番号の最初の「0」は入力しないように気を付けてください。

これで、PokerStarsからMuchBetterに入金のリクエストを飛ばしてくれます。この処理が終わった段階でMuchBetterにログインすると、次のような送金リクエストの画面が表示されているはずです。

PokerStaersの運営から20ドルの送金リクエストが来ていることを確認できました。問題なければ「送金」をタップしましょう。これで、入金は完了です。PokerStarsへの残高も即時に反映されます。

他の決済サービスで入金する場合は、別途IDとパスワードでログインする必要になるなど、手間がかかることがあります。

MuchBetterの場合は、オンラインカジノの入金画面で電話番号を入力して、あとはアプリ上で送金許可するだけなので、とてもスムーズに入金処理を完了することができます。

意外に簡単!MuchBetterの出金方法3種

MuchBetteの入金方法はわかりました。けっこう簡単にできそうですね。ちなみに出金手段はどんな用意されているんですか?
銀行口座と仮想通貨の2パターンが用意されているよ。ただ実際に出金する前に本人確認書類の提出が必要になるから注意してね。

MuchBetterから出金するためには、本人確認書類の提出が必要となります。「提出」とはいっても、アプリ上ですべて完結するので、手間はほとんどかかりません。

本人確認書類として認められているのは、次の3つです。

  • パスポート
  • 運転免許証
  • IDカード(マイナンバーカード)

どれを提出するかをアプリで選ぶと、カメラが立ち上がります。そのまま確認書類をカメラで撮影して、さらに自分の顔を写真に撮れば完了します。

筆者の場合、パスポートの撮影が画像の枠に入らず、上手くいきませんでした。運転免許証かIDカードをお持ちの方は、そちらでの提出のほうがスムーズだと思われます。

本人確認書類の提出が完了すると、出金できるようになります。

銀行口座への出金

銀行口座への引き出しには、次のような条件があります。

  • 200ドル以上から出金することができる
  • 5ユーロの手数料がかかる

出金の手続きは、MuchBetterにログインした画面で「出金」をタップします。

引き出し金額を指定すると、出金方法を選ぶ画面に移行します。「銀行口座」をタップして、口座情報を入力すれば完了です。

仮想通貨での出金

仮想通貨での出金も上の銀行での引き出しとほぼ同様です。「出金をタップ」→「出金金額を指定」→「仮想通貨」を選択すれば問題ありません。

出金で利用できる仮想通貨は入金と同じ次の4種類になっています。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)

仮想通貨での出金を選ぶと、どの仮想通貨で出金するかを選び、そして自分の仮想通貨アドレスを入力する項目が出てきますので、それを入力すれば出金手続きは完了です。

ここで差がつく!MuchBetterの賢い使い方

MuchBetterが優れたアプリだっていうことがわかりました!
本当に操作性に優れたアプリといえるね。でも紹介した基本機能以外を上手く活用すると、もっと便利になるよ。

ここまで紹介してきたように、MuchBetterは非常に使いやすいアプリです。おそらく今後も順調にユーザー数を伸ばしていくでしょう。

最後にMuchBetterの便利機能と、オンラインカジノユーザーにとっては必見の裏技を紹介したいと思います。

ピアツーピアを使えば、ユーザー同士の送金が手数料なしで可能

個人情報を登録すると、MuchBetterのログイン直後は「課金(入金のこと)」「出金」、そして「ピアツーピア」を選択できる画面が表示されます。

「課金」「出金」については上で詳しく説明してきた通りですが、ピアツーピア機能も非常に魅力的です。

これはMuchBetterに口座を持っている友人・知人の電話番号だけで送金ができる機能です。現在のところ、手数料もかかりません。この機能があるからこそ、オンラインカジノでのMuchBetterの採用が増えているものと思われます。

送金金額、送金先の電話番号を入力するだけで、即座に送金することができます(上のキャプチャ画像のように、メッセージも任意でつけることができます)。

この機能があるため、ユーザーが増えれば増えるほど、MuchBetterは加速度的に成長することが期待されます。

【いまだけ!?】「ゲーミング以外」用途から「ゲーミング」への資金の振り分ける裏技

上で紹介したピアツーピア機能を利用したちょっとした裏技を紹介します。これはいまだけしか使えないかもしれませんが、オンラインカジノユーザーにとっては必見の技なので、ぜひ参考にしてください。

すでに解説したように、クレジットカードの種類によっては「ゲーミング」用途の入金ができない場合があります。ゲーミング用途に使えないということは、オンラインカジノに入金することができないということです。

MuchBetterでは「ゲーミング用途」「ゲーミング以外の用途」で残高が分けられています。実は「ゲーミング以外の用途」の残高を「ゲーミング用途」に振り分けなおす方法があります。

それは、ピアツーピア機能を使って自分自身に送金すること。ピアツーピア機能で自分自身の電話番号を入力して送金することで、送金金額がゲーミング用途に振り分けられるのです。

うまく活用すれば、さまざまなクレジットカードでオンラインカジノ用の資金を入金することができます。ただこの方法がいつまで使えるかは不明なので、まずは少額で試してみることをおすすめします。

まとめ

この記事ではMuchBetterの登録方法から入出金の手続き、そしてさらに役立つ機能を紹介してきました。長い解説になりましたが、必ずおさえておきたいポイントは3つです。

  • MuchBetterはオンラインカジノユーザーなら登録しておきたいアプリ
  • MuchBetterへの入金は、手数料無料のクレジットカードが断然おすすめ
  • ピアツーピア機能を上手く活用しよう

MuchBetterは他の決済サービスと比較して「手数料」「利便性」で群を抜いた優秀なアプリです。

この記事を参考に、MuchBetterの開設をぜひ検討してみてください。