「オンラインカジノって違法なの?合法なの?どっちなのか知りたい!」

「オンラインカジノを取り締まる法律ってあるのかな?」

「これまでにオンラインカジノで遊んでいて捕まった事例とかってあるの?」

こんにちは。カジノアカデミア編集部です!

「オンラインカジノが違法だったらどうしよう…」

これからオンラインカジノで遊びたいと考えているのに、このような不安があったら純粋に楽しむことはできませんよね。

そんなあなたの不安を解消するために、編集部ではオンラインカジノで遊ぶことについて、法律と実際にあった事例を検証しました。

編集部では

  • オンラインカジノを取り締まる法律的根拠はない
  • 過去にあった起訴事例から違法でないことが認められた

との理由から、合法と明確に言うことはできないが、オンラインカジノで遊ぶことは違法でないとの検証結果に至りました。

この記事では、法律と事例について詳しく解説するともに、安全に遊ぶことができるオンラインカジノもあわせて紹介します。

結論を先にお伝えすると、オンラインカジノを違法とする法律的根拠はないので、個人的に遊ぶことで罪に問われることはありません。ただ、ライセンスを取得していなかったり、胴元が日本国内にいる場合は明確に法律違反となるので注意が必要となります。

法律的な解釈は、オンラインカジノを遊ぶうえで非常に重要なポイントなので、しっかりと理解してから遊び始められると良いですね。

それでは早速まいりましょう!

う~ん。オンラインカジノを法律的に見ると判断が難しいですよね。
そうだね。結果的には合法でも違法でもないってのが答えで、グレーゾーンと言わざるを得ないんだよね。
でも、今回は違法とは言えないと判断した根拠を詳細に解説するから、初心者の人でも根本から理解できるはずだよ。

結論:オンラインカジノを違法とする法律的根拠はない!

最初にもお伝えしましたが、検証の結果「オンラインカジノに違法性はない」と考えています。

その理由の一つが『オンラインカジノを違法とする法律がない』ことです。

そもそも、刑法が制定されたのはオンラインカジノの運営が開始される1990年代よりもずっと昔で、オンラインカジノというジャンルを日本人が遊ぶことなど想定されていません。

簡単に言うと、オンラインカジノに関連する法律がないから違法でも合法でもない、いわゆる『グレーゾーン』ということですね。実際は、法的根拠がないから野放し状態になっているということになります。

これに対して、警察は「オンラインカジノは違法なのか」という問いに『オンラインカジノも違法』だという見解を示しています。ただ、現実的には法律的に違法性を見出すことはできておらず、立場上違法だと言わざるを得ないというのが本音でしょう。

オンラインカジノを認める法律もなければ処罰する法律もないから、警察としてもどうすることもできないということだね。

刑法『単純賭博罪』でオンラインカジノを取り締まれない理由

日本国内のギャンブルを取り締まる法律として『単純賭博罪』と『常習賭博および賭博場開帳等図利』があります。

警察はオンラインカジノで遊ぶことが『単純賭博罪』に当たるとの見解ですが、先ほど解説したようにオンラインカジノを対象とした法律が存在しないためプレイヤーには適用されません。

『単純賭博罪』が適用されない根拠は、オンラインカジノの運営方法が深く関連しているので、まずはここから理解しましょう。

  • オンラインカジノは海外を拠点として海外の法律に適合した上で運営されている
  • プレイヤーは海外サーバーで運営されているオンラインカジノに日本国内からアクセスする
  • 運営元は海外にいるが、プレイヤーは日本国内からアクセスしている状態

『運営元は海外にいるが、プレイヤーは日本国内からアクセス』という点が重要です。刑法ではあくまで『運営元とプレイヤーが両方日本国内にいる』ことが法律適用の前提条件とされています。

これは、ギャンブルを取り締まる法律が日本国内にいる胴元を逮捕することを目的として作られているからです。胴元を逮捕するための証拠としてプレイヤーも逮捕するという考え方となりますね。

このことから、海外で合法的に運営されている胴元を逮捕することができないのに、プレイヤーだけを逮捕すること自体が矛盾していると考えられるのです。

それでは、どのような事例だと逮捕に繋がるのでしょうか。次の項目では、オンラインカジノが違法となる3つのケースを紹介します。

実際にあった逮捕事例!オンラインカジノ利用が違法となる3つのケース

通常、自宅などの日本国内からオンラインカジノにアクセスして遊ぶことで違法とされることはありませんが、これから紹介する3つのケースは明確に違法と判断されています。

  1. 合法ではない(ライセンス取得していない)オンラインカジノを利用している
  2. 日本国内運営のオンラインカジノを利用している
  3. 日本国内で営業するインターネットカジノを利用している

実際の逮捕事例を踏まえて紹介するので、オンラインカジノを見極める参考としてくださいね。

(1)合法ではない(ライセンス取得していない)オンラインカジノを利用している

オンラインカジノが国際的に合法として認められているかを判断する基準が、国や政府から発行される運営ライセンスです。

運営ライセンスは公的機関が発行する運営認可を証明する書類で、オンラインカジノは運営ライセンスを取得しなければ、本来運営することができません。

このライセンスを取得しないで運営しているオンラインカジノは国際的に見ても違法です。違法なオンラインカジノで遊んでいる場合は、運営元がどこであれ日本国内で遊ぶと違法と判断されてしまいます。

ライセンスを取得しているオンラインカジノは、公式サイトに必ずライセンスを取得している旨を記載しているので、オンラインカジノを選ぶ際には注目するべきポイントです。

国や政府が発行した合法的な運営ライセンスを一覧で紹介

ここで紹介する運営ライセンスを取得してれば、国際的に運営が認められていることが証明されています。

運営ライセンスの種類と取得している代表的なオンラインカジノを紹介するので、オンラインカジノを選ぶ際の参考にしてくださいね。

運営ライセンス 代表的なオンラインカジノ
マルタ共和国政府 ラッキーニッキー
カジノシークレット
ワンダリーノ
レオベガス
ジブラルタル政府 ウィリアムヒルカジノ
キュラソー政府 ベラジョンカジノ
カジ旅
エルドアカジノ(旧パイザカジノ)
ビットカジノ
フィリピン政府(パグコー) エンパイアカジノ
カナワケ政府 エルドアカジノ(旧パイザカジノ)

(2)日本国内運営のオンラインカジノを利用している

賭博関連の刑法は胴元とプレイヤーが同時に日本国内にいるときに適用されるため、日本国内運営のオンラインカジノで遊ぶことは違法です。

オンラインカジノの公式サイトには、運営元企業の情報も記載されているので、必ずチェックするようにしましょう。

ただ、記載されている企業が実在し本当にオンラインカジノを運営しているかは調べてみなければわかりません。実際に虚偽の企業情報を記載し、運営元が日本国内であった事例もありますので紹介しますね。

サイバー犯罪対策課によると、5人はインターネット上で賭博をする「ドリームカジノ」を運営。2013年12月~今年3月10日の複数回にわたり、不特定多数の客にサイトにアクセスさせて金を賭けさせ、賭博をした疑いがある。

このサイトでは、カジノが合法の中米・オランダ領キュラソー島で営業許可を受けているとしているが、問い合わせ対応が日本語のみだったことなどから、府警は国内で運営されていると判断。

引用元:「中米のカジノサイト」実態は国内か 賭博容疑で逮捕

ドリームカジノは、キュラソー政府のライセンスを取得し、キュラソーを拠点として運営しているオンラインカジノだと公式ページに記載していました。

しかし、実態はライセンスを取得していない上に、日本国内に胴元がいることが明らかになり運営者していた5名が逮捕されたのです。

この時、幸運にもプレイヤーが逮捕されることはありませんでした。ただ、押収された利用履歴などから実際に遊んでいたプレイヤーは特定され、警察から事情聴取の電話があったことは事実です。

このような事件に巻き込まれないためにも、安全なオンラインカジノを選択することが重要です。

(3)日本国内で営業するインターネットカジノを利用している

日本国内で許可なく営業されているインターネットカジノを利用することも、刑法の適用となる違法行為です。

インターネットカジノは「裏カジノ」や「闇カジノ」とも呼ばれ、マンションの一室などで許可なく営業されています。

プレイヤーに賭博をする場所を提供していることから『賭博場開帳等図利罪』が適用されるとともに、遊んでいるプレイヤーも『単純賭博罪』や『常習賭博罪』の対象となるのです。

日本国内でニュースになるカジノ関連の事例はほとんどがインターネットカジノであり、反社会勢力の資金源にもなっていると言われています。

今年1月、富山市のインターネットカジノ店が摘発された事件で、店長の男が常習賭博の罪で起訴されました。

捜査関係者によりますと、このカジノ店では今年1月までの4か月あまりでおよそ3000万円の収益をあげていたということです。

引用元:Yahooニュース:収益は3000万円以上か ネットカジノ店 店長起訴/富山

このように、自分自身が直接オンラインカジノに接続して遊ぶ分には違法と言えませんが、場所の提供を受けてオンラインカジノで遊んだ場合は明確に違法となりますので細心の注意が必要です。

わかりました!オンラインカジノが明確に違法なのは、ライセンスがない場合と国内に胴元がいる場合ってことですね。
そのとおり。オンラインカジノで遊ぶなら、自宅から海外で合法的に運営されているオンラインカジノに接続したり、自分のスマホから接続して遊ぶのがいいってことだね。

裁判で証明!オンラインカジノプレイヤーが不起訴を勝ち取る

「オンラインカジノを対象とする法律がない」ことに加え、編集部がオンラインカジノで遊ぶことを違法ではないと判断したもう一つの根拠が、オンラインカジノプレイヤーが裁判で不起訴を勝ち取ったことです。

2016年にオンラインカジノプレイヤー3名が逮捕されるという事件がありました。

海外のインターネットのカジノサイトで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博(単純賭博)の疑いで埼玉県越谷市の制御回路製作会社経営、関根健司(65)▽大阪府吹田市の無職、西田一秋(36)▽埼玉県東松山市のグラフィックデザイナー、中島悠貴(31)-の3容疑者を逮捕した。府警によると、無店舗型のオンラインカジノの個人利用客が逮捕されるのは全国初とみられる。

引用元:ネットカジノ客の男3人を逮捕 海外の会員制サイト「スマートライブカジノ」利用 京都府警

日本で初めてオンラインカジノプレイヤーが逮捕されるという事件は、オンラインカジノで遊ぶ多くの人々に衝撃を与えました。

しかし、うち1名のプレイヤーが逮捕を不服とし裁判で争うことを決めたのです。

裁判の争点は『海外で合法的に運営されているオンラインカジノの胴元を逮捕できないのに、プレイヤーだけを逮捕することはできるのか』という点でした。

裁判の結果は、オンラインカジノプレイヤーの主張が認められ、実際に不起訴を勝ち取っています。

オンラインカジノプレイヤーを弁護した津田弁護士は以下のような見解を述べています。

賭博罪を専門とする弁護士として,新年早々非常に嬉しい結果を出すことができた。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

本件は,海外において合法的なライセンスを取得しているオンラインカジノにつき,日本国内のパソコンからアクセスしたという事案である。

本件の特徴は,当該賭博行為につき,海外で合法的なライセンスを得ている一方当事者である胴元を処罰することはできないところ,他方当事者であるユーザーを処罰しようとする点にある。

賭博行為について,刑事責任のメインは開張者(胴元)が負うのであり,賭博者(客)が負う責任はある意味で付随的である。

賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的におこなうものであり,「賭博事犯の捜査実務」にもその旨記載がある。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

引用元:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

このことから、賭博関連の刑法では『海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊ぶことは違法ではない』ということが証明されたことになるのです。

なるほど!オンラインカジノが違法とはいえない理由が分かりました。でも、合法なライセンスを得ていないカジノをプレイしてしまう可能性があるのは怖いですね…。
そうだね。だからこそ安心して遊べるオンラインカジノを知っておくことが重要だよ。

日本人が安心して遊べるオススメのオンラインカジノ5選

最後に初心者でも安心して遊ぶことができるオンラインカジノを5つ紹介します。

ここで紹介するオンラインカジノは編集部が安全を確かめているので、選ぶ時の基準として参考にしてくださいね。

安全が確認できているオススメカジノ

  1. ベラジョンカジノ:絶対オススメの日本人登録者数NO.1カジノ
  2. ビットカジノ:登録者激増の業界NO.1仮想通貨オンラインカジノ
  3. ラッキーニッキー:ボーナスがお得な初心者にもオススメのオンラインカジノ
  4. カジ旅:超高速回転『ブリッツ』が遊べるスロット特化オンラインカジノ
  5. まね吉:上場企業が運営会社の信頼性が高いオンラインカジノ

それでは、ベラジョンカジノから解説していきます。

オススメ(1)ベラジョンカジノ:絶対オススメの日本人登録者数NO.1カジノ

ベラジョンカジノはキュラソー政府のライセンスを取得しているオンラインカジノです。

日本で最も利用者の多いオンラインカジノとして、長年先頭を走ってきたNO.1カジノと言えます。どこに登録しようか迷っているなら、総合的に評価してまずはベラジョンカジノから始めるのが最善の選択と言えるでしょう。

今すぐ無料プレイ!

ベラジョンカジノの本音レビュー記事!

ベラジョンカジノが選ばれている4つの理由!オンラインカジノのプロがどこよりも分かりやすく解説

「ベラジョンカジノはぶっちゃけ安全なの?正直な評価が知りたい!」 「ボーナスがもらえるって聞いたけど上手く使う方法を教えて欲しい!」 「ベラジョンカジノでできるゲームはどんなものがあるの?」 こんにち ...

オススメ(2)ビットカジノ:登録者激増の業界NO.1仮想通貨オンラインカジノ

ビットカジノキュラソー政府からライセンスを取得して運営しています。

一番のメリットは仮想通貨のままベットしたり、資金管理が行える点です。昨今、仮想通貨の認知度が上昇してきたことにより、より注目が集まっているオンラインカジノですよ。

今すぐ無料プレイ!

ビットカジノの本音レビュー記事!

本人確認なしのビットカジノ(Bitcasino)は即座に出金が可能!評価やメリット・デメリットをホンネで解説

「ビットカジノって評判はどんな感じなの?」 「ボーナスが基本的につかないらしいけど、楽しめるのかな…」 「話題の仮想通貨を使ってカジノをプレイしたい!」 こんにちは!カジノアカデミア編集部です。この記 ...

オススメ(3)ラッキーニッキー:ボーナスがお得な初心者にもオススメのオンラインカジノ

ラッキーニッキーマルタ共和国が発行するライセンスを取得しているオンラインカジノです。

マルタ共和国のライセンスは審査が厳しく、容易に取得できないことで知られています。このライセンスを取得しているということは、ラッキーニッキーがとても信頼性の高いオンラインカジノであることの証明です。

今すぐ無料プレイ!

ラッキーニッキーの本音レビュー記事!

ラッキーニッキーはプロモーション数とボーナスで高評価!知っておくべき4つのメリットと3つの注意点

「ラッキーニッキーってどんなオンラインカジノなの?」 「ボーナスやプロモーションはお得に遊べるのかな?」 「JCBクレジットカードが使えるってホント?使えるサイトが少なくて探してたんだよね」 こんにち ...

オススメ(4)カジ旅:超高速回転『ブリッツ』が遊べるスロット特化オンラインカジノ

カジ旅はキュラソー政府からライセンスが発行されているオンラインカジノです。

スロットに特化したキャンペーンで高い評価を得ており、独自サービスの『ブリッツ』は最大6倍速でスロットを楽しむことができる強烈なサービスです。『ブリッツ』で遊ぶためにカジ旅に登録している人もいるくらいなので、ぜひ体験してみてはいかがでしょうか。

今すぐ無料プレイ!

カジ旅の本音レビュー記事!

カジ旅は業界でも最高水準のボーナス条件20倍!メリット・デメリットと登録方法を完全紹介

「カジ旅を使ってみたいんだけど、実際のところを知りたい!」 「カジ旅の評判や実績はどうなのかな?」 「ボーナスの内容の良いオンラインカジノを探している…カジ旅のボーナスを教えて欲しい!」 こんにちは。 ...

オススメ(5)まね吉:上場企業が運営会社の信頼性が高いオンラインカジノ

まね吉マルタ共和国のライセンスを取得しています。

姉妹カジノのチェリーカジノ同様、運営企業はストックホルム証券取引上に上場しているPlayCherry Ltd.という企業です。信頼性が高いライセンスを取得しているうえに、上場企業が運営しているという万全の安心感なので、オススメのオンラインカジノですよ。

今すぐ無料プレイ!

まね吉の本音レビュー記事!

まね吉に登録すると888ドルの初回入金ボーナスが貰える!最新の登録方法・ボーナス・入出金方法を徹底解説

「まね吉ってどんなオンラインカジノなんだろう?」 「すぐに登録ってできるのかな?入出金方法についても知りたい!」 「ボーナスってどれくらい貰えるんだろう?」 こんにちは!カジノアカデミア編集部です。 ...

まとめ

オンラインカジノで遊ぶことが違法ではないことを理解していただけたでしょうか。

あくまで法律的にはグレーゾーンとなりますが、今回解説した根拠を考慮すると違法となる法律的要因はないはずですよね。

この記事のポイントを振り返ってみましょう。

  • オンラインカジノを違法とする法律的根拠はない
  • ただし合法という根拠もないのであくまでグレーゾーン
  • 違法となるケースはライセンスを取得していなかったり、胴元が日本にいる場合
  • 裁判においてオンラインカジノで遊ぶことが違法でないことが証明された

オンラインカジノで遊ぶことは実際に裁判で違法でないことが証明されています。

津田弁護士が言うように、賭博関連の刑法は胴元を逮捕するためのものでプレイヤーの逮捕は付随的のため、胴元が逮捕できない場合は成立しない法律なのです。

ただし、合法とする法律がないことから、オンラインカジノで遊ぶことはグレーゾーンの域を脱しないことは頭に入れておきましょう。

この記事を読んで、少しでもオンラインカジノで遊ぶことへの不安が少なくなれば幸いです。

それでは、良いオンラインカジノライフを!